ガンダムファンの作る和風の家

いちガンダムファンの私が、クライムホームさんと外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。

浴室

【Web内覧会その3】分不相応な高級システムバス・SPAGE

Web内覧会第3回は、我が家の中で一番迷走した浴室です。 元々浴室は肩まで浸かれる深い浴槽が希望でしたが、これがなかなか見つからず、それなら造作で檜風呂でもいいんじゃないかと夢を見た時期もありました。 そして結局紆余曲折の末、LIXILの最高級ブラン…

着工後初トラブル!?浴室の窓が・・・

我が家の浴室は庭に面しています。なので庭側に窓を設け、庭を眺めながらお風呂に入れる間取りにしました。 ただ、これには一つ問題が。 お風呂から庭を眺められるっていうことは、外からもお風呂を覗けてしまうということ。 そこで浴室の窓には、内部にブラ…

スパージュがやってきた!

ある朝、建築現場に見慣れぬトラックが停まっているのを発見しました。 よく見ると、積んである棚にLIXILと書いてあります。 LIXILから来た設備・・・まさか!! さっそく家の中に潜入すると、浴室に引き戸が付いていました。 ドキドキしながら引き戸を開けると…

システムバスの仕様公開その4~そして浴室はこうなった

システムバスの仕様決めも、後は細かい点を残すのみです。 まず鏡ですが、これは標準のタテ長ミラーにしました。 私はお風呂で鏡を見る習慣がないので(眼鏡を取ってるから何が写ってるかはっきり見えない)本当は鏡はいらないんですが、ボールがあった方が…

システムバスの仕様公開その3~デザインにどこまでこだわるのか

せっかく高級ブランドのスパージュを入れるのですから、色やデザインにも凝って高級感を持たせたいものです。 だって通常のシステムバスより高いお金出してるのに、見た目がいかにもなシステムバス風じゃもったいないじゃないですか。 そんなわけで、風呂桶…

システムバスの仕様公開その2~機能をどこまで盛り込むのか

我が家がスパージュを選んだ決め手は何といっても肩湯『アクアフィール』 この機能を付けなければ、スパージュを導入する意味がありません。 そんなわけで、アクアフィールは問答無用で採用です。 その代わり、上の写真にある、アクアフィール内に設置するラ…

システムバスの仕様公開その1~スパージュにどこまで高級感を持たせるか

今日は映画館に「レディ・プレイヤー1」を見に行ってきました! 初めて4DXというのを体験したんですが、映画の内容とも相まって、まるでアトラクションのような特別な体験ができました。 ガンダムも出てきたし、大満足です。 特別な体験といえば、我が家…

お風呂探し番外編・安い檜風呂発見!?

さて、お風呂探しも一段落したわけですが、実は思いがけない所で意外な出会いがありました。 それは、ウッドワンのショールームを見に新宿のOZONEに行った時のこと。 ついでに他のショールームも見て回っていたら、たまたまハウスメーカー・S工房のショール…

意外な見積もりの果てに~お風呂決定!!

とうとう、3社のお風呂の見積もりが出揃いました。 結論から行くと、金額的には ユメリア<スパージュ<<<檜風呂 です。まあ、大体予想通りですね。 ただ、予想外だったのは、全て100万円オーバーだったこと。 檜風呂は当然のこと、スパージュもLIXILの最…

理想のお風呂はどれ?『檜風呂』VS『SPAGE』VS『ユメリア』

お風呂を巡る戦いも佳境に差し掛かりました。 そこで、見積もりが出る前にそれぞれのメリットとデメリットを振り返ってみましょう。 ●エステック アソシエイツ『檜風呂』 <メリット> ・木のぬくもりと香りが味わえる(ただし、香りは短期間で消える) ・職…

CHOFUのユニットバス・ユメリアとは?

お風呂を選ぶためのショールーム巡り、最後に向かったのはCHOFUのショールーム。 新宿の真ん中という、結構な一等地にあるショールームですが、伺った時はなぜか無人でした。 ・・・防犯的に大丈夫なんでしょうか。 まあ、それならと結構自由にショールーム内を…

エレガントなるバスルーム・その名はSPAGE

お風呂を決定するためのショールーム巡り。次はスパージュを見るためにLIXILへ向かいました。 LIXILのショールームには何度か足を運んでいるんですが、ユニットバスをじっくり見たのは今回が初めてです。 スパージュは、LIXILの最高級ブランドだけあって、品…

檜風呂のショールームに行ってみた

お風呂選びの為に、まず最初に向かったのは檜風呂メーカー、エステック アソシエイツのショールーム。 ここにはクライムホームの営業のTさんと一緒に伺いました。 が。 住所の場所に行ってもショールームが見当たりません。 というか、カーナビに案内された…

【減額調整再び】お風呂を考え直す時

さて、マスターの駄目出しの対応で、大幅に予算がオーバーしそうな我が家。 もはや2度目の減額調整は避けられそうにありません。 そうなると、一番減額効果が高いお風呂にどうしても目が行ってしまいます。 復習になりますが、私の望むのは肩まで浸かれる深…

終わらない減額調整

さて、まだまだ続く減額調整ですが、実は真っ先に手を付けようと思っていた箇所があります。 ここを見ればほぼ一目瞭然ですが、 やはり一番インパクトのあるポイントはそう、檜風呂です。 なにせ、ここを普通のユニットバスに替えるだけで、約300万円の減額…

【設備】どうせなら檜風呂にしてしまえ!?

T建設のモデルハウスで檜風呂を発見した私の脳裏に、電流が走りました。 どうせ造作風呂にするなら、いっそ檜風呂にすればいいんじゃないかと、そう思いついてしまったわけです。 さっそく、クライムホームのTさんに、檜風呂が可能かどうか聞いてみました…

【設備】造作風呂という可能性、そして・・・

ユニットバスで望むものが見つからない以上、いっそ造作風呂にしちゃおうかと考え始めた私達。 造作風呂ならトレーズ閣下の入っていたようなエレガントなお風呂とか、 プルが入ってたようなファンシーなお風呂も出来そうです。 (;◎)あれ、和の雰囲気は? …

【設備】浴槽について調べてみた

深い浴槽を探す中で、浴槽の種類についても少し調べてみました。 浴槽にはおおむね、深くて狭い『和風』、浅くて広い『洋風』、両者の間を取った『和洋折衷』の3種類があるようです。 私が求めているのは、肩までしっかり浸かれる和風浴槽だったようです。…

【設備】お風呂にゆったり浸かりたい

こちらにも書きましたが、 「肩までどっぷりと浸かれる深い浴槽が欲しい」というのは、家づくりの中でもかなり優先度の高い要望でした。 今の家にあるお風呂が、典型的な狭いけど深いお風呂だったので、最近主流の浅めのお風呂に慣れないんです。 いくつかシ…

【間取りの要望】庭の見える浴室

さて、実は一番迷走した、お風呂及び脱衣所を見ていきましょう。 お風呂への要望は意外に少なくて、こんな感じでした。 ・肩までどっぷりと浸かれる深い浴槽が欲しい。 ・お風呂の入り口も引き戸にしたい。 要望自体は少ないです。 でも、「肩までどっぷりと…