ガンダムファンの作る和風の家

いちガンダムファンの私が、クライムホームさんと外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。

最後の勝利者~『Cホーム』VS『Bアート』VS『T建設』完結編

長かった建設会社選定シリーズも、いよいよ最終回となりました。

幾多の建設会社を退けて、最後に勝ち残ったのは、果たしてCホームかT建設か!?

f:id:J-CROW:20171115222851j:plain

この2社の特徴を端的に言うと、営業力と自由度とSPI工法のCホームか、提案力と西川材とソーラーサーキットのT建設か、ということになります。

正直、この2社はほとんど拮抗していて、ほんのわずかの要素で結果が逆転していても何も不思議はない状況でした。

 

さて、私たち夫婦の出した結論は・・・・・・

 

 

f:id:J-CROW:20171115224333j:plain

 

 

Cホームに決めさせて頂きました!!

 

決め手は何かと問われると難しいのですが、強いて挙げれば一緒に家を作っていきたいと思えたのがCホームの営業のTさんだった、 ということでしょうか。

そして、Cホームの圧倒的な自由度の高さが、私達に合っていたということでしょう。

 

正直、途中までT建設で行こうと思ったことも、何度もありました。

その潮目が変わったのは、以前に挙げたOB宅訪問でした。


それまで、Cホームといえばおしゃれな家というイメージが、覆った瞬間でした。

ここまで施主の要望に応えてくれるのなら、そしてこんなに見事な和風の家を建てられるなら、Cホームに任せてもいいんじゃないかと、そう思えたのです。

 

もう一つ、間取りについては、こちらでT建設に軍配を上げました。

でも、私はCホームの間取りの方が「面白い」と感じてしまったんです。

客観的に見れば完成度が高く暮らしやすそうなのはT建設の間取りでした。

でも、理屈じゃなく感覚で、Cホームの間取りに惹かれるものを感じていたんです。

 

さらに挙げれば、非常に細かい点ですが、Cホームの方が近かったというのもあります。

T建設のモデルハウスのある展示場は、車で30分以上かかる上、駅前を通過しないといけないため道が非常に混み合うんです。

一方、Cホームは車で5分、自転車でも10分で行ける距離にあります。たぶん歩いても30分くらいで着けます。細かな点ですが、今後何回も打ち合わせがあることを考えると、決して無視できない要素でした。

 

何度も言いますが、本当に僅差での決断でした。

何か一つでも要素が変わっていたら、例えば両社の営業が別の人だったら、或いは見学したのが別のお宅だったら、或いはT建設の方が近かったら、結果は違っていたかも知れません。

 

ともあれ、ついに建設会社が決定しました。

今後は気を切り替えて、間取りや細かい点を詰めていくことになります。

 

この結果が予想通りという方もそうでない方も、良ければクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村