ガンダムファンの作る和風の家

いちガンダムファンの私が、クライムホームさんと外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。

城下町・岩槻で歴史ある建物に出会った

地方情報誌に無料モニターツアー募集の記事があったので、申し込んだらたまたま当選しました。

(倍率10倍くらいあったようです。みんな料亭での昼食に釣られたんでしょうか。・・・あれ?うちだけ?)

 

そんなわけで行ってきましたよ、岩槻のモニターツアー。

岩槻といってもピンとこない人も多いと思いますが、埼玉県内では人形の街として結構有名な町です。

もっとも城下町としては、全国区で有名な川越や、『のぼうの城』や『陸王』の舞台になった行田なんかに大きく水をあけられていますが。

 

ですが、流石は城下町。街並みの中に突然こんな雰囲気のある民家とかが登場します。

f:id:J-CROW:20180217102530j:plain

1階部分は貸店舗らしいですけどね。

 

江戸時代の学校までありました。

 

f:id:J-CROW:20180217104604j:plain

藁葺き屋根ですよ!

 

この建物の中はこんな感じ。

f:id:J-CROW:20180217105306j:plain

我が家も、こんな感じの和室が作れればいいんですけどね。

 

途中で立ち寄った、酒造の内部。

f:id:J-CROW:20180217131709j:plain

f:id:J-CROW:20180217131748j:plain

我が家の吹き抜けや屋根裏も、こんな感じにできないかなあ・・・

無理か、さすがに。

ちなみに人形の街でひな祭り前だけに、至る所にひな人形が飾られてました。

 

そしてこの見世小屋は、内部まで見せてもらいました。

f:id:J-CROW:20180217154912j:plain

中は撮影禁止だったんですが、趣があって最高でした。

我が家も(以下略

 

あと、武家屋敷跡地にはこんな外壁も。

f:id:J-CROW:20180217104258j:plain

よし、外構に予算的余裕があったら、こういう方向性目指そう。

 

そんなわけで、色々と今後の家づくりの参考になる部分も多いツアーでした。

やっぱり実際の家を見るのっていいですよね。

考えてみたら大地震も戦争も乗り越えてきているんですよね、こういう家は。

今立てている我が家も、今回見てきた古い家々と同じように、100年、200年単位で歴史を積み重ねて、古民家って言われるような家になったら最高です。

 

古民家っていいよねという方、ぜひクリックお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村