ガンダムファンの作る和風の家

いちガンダムファンの私が、クライムホームさんと外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。

基礎工事~立ち上がり工事が始まりました


また基礎工事の現場に戻ります。

 

コンクリート敷設中、気になったものを発見しました。

f:id:J-CROW:20180214113737j:plain

写真中央の白い部分です。

実はこれ、SPI工法の肝の一つである床下ダンパーです。

f:id:J-CROW:20171113233241j:plain

ここを開閉することで、夏涼しく、冬暖かい家を実現するんですね。

 

そんなこんなで、コンクリートの敷設が完了しました。

f:id:J-CROW:20180215172842j:plain

立ち上がり用の枠も嵌められています。

 

余談ですが、クライムホームのコンクリート強度は24N/㎜2だそうです。

これは大規模補修不要の予定期間が65年、供用限界期間が100年の強度になります。

 

ちなみに一般的なコンクリート強度である18N/㎜2の場合は、大規模補修不要予定期間が30年、供用限界期間が65年です。

ローコスト住宅なんかだとこちらになるんでしょうか。

こっちだと家本体より先に基礎の方が駄目になってしまうこともありそうですね・・・

 

そうこうしているうちに、立ち上がり部分に断熱材が取り付けられました。 

f:id:J-CROW:20180217090739j:plain

クライムホームの場合、基礎にもこのような形で断熱材が敷き詰められるそうです。

f:id:J-CROW:20180609220402j:plain

 基礎断熱にも色々とデメリットはあるようですが、ここまで来たらクライムホームを信じるしかありません。

 

とにかく、今は立ち上がり部分の完成が楽しみです。

 

いつも応援ありがとうございます。ついでにクリックしていってもらえると喜びます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村