ガンダムファンの作る和風の家

いちガンダムファンの私が、クライムホームさんと外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。

【Web内覧会その8】古き良き伝統の和室・前編

Web内覧会も、いよいよ1階ラストです。

 

トリを飾るのは、我が家の象徴ともいうべき和室になります。

間取り図でいうとここになります。

f:id:J-CROW:20181018231256j:plain

 

入り口は、玄関から続くこの戸襖。

f:id:J-CROW:20180922121158j:plain

実はこの戸襖の窓は、旧家の襖で使っていたものです。

建具屋さんに無理を言って再利用してもらいました。

 

では、さっそく中に入ってみましょう。

f:id:J-CROW:20180922121336j:plain

ザ・和室といった趣の、昔ながらの造りの和室です。

逆に今はそれが珍しいのかも知れませんが。

 

振り返って今入ってきた戸襖を見てみると。

f:id:J-CROW:20180922121344j:plain

和室側には襖紙が貼られているので、大分イメージが変わります。

雲にかすむ山景色に五重の塔が佇んでいて、お気に入りの絵柄です。

 

ちなみに、押入れの襖絵は、鯉の滝登りです。

f:id:J-CROW:20181020193740j:plain

これはかなり冒険したつもりだったんですが、意外と和室に馴染んでました。

 

もう一つ、LDKに繋がる3枚引き戸の襖はこちら。

f:id:J-CROW:20180908170118j:plain

 玄関側と押入れの襖が結構個性的だったので、ここはシンプルなものを選びました。

 

ただこの襖絵、何の花の絵か分からないんですよね。

f:id:J-CROW:20181020195000j:plain

ボールや義母始め、未だに誰も分からない謎の花です。

誰か何の花か分かる方、こっそり教えてください。

 

3枚引き戸は、LDK側から見るとこうなります。

f:id:J-CROW:20180909105842j:plain

何の変哲もない引き戸です。和室側とのギャップが凄いです。

 

庭に通じる障子はこうなりました。

f:id:J-CROW:20180922121356j:plain

逆光で暗くなってしまいましたが、昔ながらの格子の障子です。

障子紙にも特に柄はありません。

 

障子を開けると、庭が目に飛び込んできます。

f:id:J-CROW:20180922121650j:plain

庭も含めて見事に和室になりました。

 

ただ、ここのサッシは我が家で唯一のアルミ樹脂複合サッシ。

上に欄間を作ったからなんですが、断熱性という意味ではちょっと残念なことになりました。

 

なんか建具とサッシの話だけでかなり長くなってしまったので、続きはまた次回にします。

 

建具だけなのに話長すぎと思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村