ガンダムファンの作る和風の家

いちガンダムファンの私が、クライムホームさんと外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。

ケヤキのカウンター材、そして木の駅の社長との出会い

最近、妙にアクセス数が伸びてるなあと思って、最もアクセスされてる記事を調べてみたら、この記事でした。
・・・そうだね、匠大塚と大塚家具、お家騒動で話題になってるもんね。

家づくりと直接関係ない記事でアクセス数伸びるのは、ちょっと複雑な気分ですが。

 

さて本題に戻りましょう。

 

カウンター材の候補として浮上したケヤキ材。

f:id:J-CROW:20180701121234j:plain

特徴としては、固くて頑丈、そして重いことが挙げられます。

実際、カウンターとして使うには重さが心配になるくらいの、かなりの重量でした。

また、ねじれや反れが起こりやすい木材でもあるようです。

 

結構扱いにくい木材という印象ですが、その分木目が美しいという特徴があります。

重厚感や格調の高さから、お寺や和家具でよく使われているようですね。

和風の家を目指す我が家にはふさわしい木材です。

 

それに、なにより埼玉県の木ですしね。

f:id:J-CROW:20180810225146j:plain

 買うべきカウンター材はほぼ確定したので、今度は社長さん相手に価格交渉に行きました。

 

社長さんとはかれこれ2時間ほど話をしたんですが、そのほとんどがなぜかお笑い芸人の話でした。

・・・木材の話とかほとんどしてませんよ? 

 

で、最後に提示された価格は、一枚板としては破格の値段でした。

それこそ匠大塚で買ったら、下手したら10倍近い値段になってたような気がします。

もうね、即決で購入を決めましたよ。

 

施主支給品も、これでほぼ固まってきました。家づくりも大詰めです。

 

木材の価格交渉に行ってお笑い芸人の話ってどういうこと!?と思った方、クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村