ガンダムファンの作る和風の家

いちガンダムファンの私が、埼玉で外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。

クライムホーム幻のプロジェクト

クライムホーム倒産のショックが大きくて、その話題が続きますが、今回はクライムホームが倒産前に企画していた、あるプロジェクトについてです。

 

そのプロジェクトというのがこちら。

f:id:J-CROW:20180910224039j:plain

実は、宿泊体験型の新しいモデルハウスを作る予定だったそうです。

 

話を聞いたのは、まだ倒産するなんて想像もしていなかったゴールデンウイークの頃のことです。

ただ、モデルハウスを現状から一つ増やすのは難しいので、代わりに大宮展示場のモデルハウスを閉じるという話でした。

 

少なくとも新モデルハウスの計画が出た段階では、まだ倒産の話は役員の中でも出ていなかったんでしょうか。

今となっては真相は分からずじまいですが。

 

ボールとは「完成したら一度泊まりに行きたいね」とか呑気に話してました。

・・・実際に完成してたとしても、建築済みのOBが泊まれたかどうかは分かりませんが。

 

 

クライムホームの倒産の話はこれ以上引っ張っても仕方ないですし、今のところ続報もない状況なので、ブログで言及するのはこれで一旦止めておきます。

 

ちょっと暗くなってきたので、気分転換に庭に咲いた紅花の写真でも。

f:id:J-CROW:20180911232052j:plain

小さくて貧弱な感じで季節外れなんですけど、梅雨のこの時期に咲いた紅花に心が和みました。

 

ちなみに紅花は私達の住む桶川市の花で、

f:id:J-CROW:20190715225839j:plain

桶川市ゆるキャラ、オケちゃんのモチーフでもあります。

f:id:J-CROW:20181211234002j:plain

 

次回からは、ほぼ忘れ去られていたカーテンの話に戻る予定です。 

 

幻のモデルハウスも見てみたかったと思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

引き渡し後に建築会社が倒産したら?

まさかのクライムホーム倒産という事態に未だにショックをひきずってるわけですが、ちょっと冷静になって、建築会社が倒産したら施主にとってどんな問題があるのか考えてみました。

 

ちなみに今回の内容はあくまでも家が完成して引き渡し完了後に建築会社が倒産した場合の話です。

契約後建築前だったり建築中の場合は、また話が変わってくるかと思います。

 

・会社と連絡が取れない

とりあえずはこれが大きいですね。

電話番号なりメールアドレスなり、倒産前の連絡手段はほぼ使えなくなります。

そういったものは仕事用のもの=会社のものである場合がほとんどですからね。

そして倒産している以上、本社やモデルハウスに行っても誰もいません。

 

実際私も上尾の展示場に行ってみましたが、クライムホームのモデルハウスは無人でした。

f:id:J-CROW:20190707143947j:plain

 そしてもし連絡が取れたとしても、倒産した以上、会社の人は元社員でしかありません。

迂闊なことは話せないでしょうし、できないでしょう。

役員クラスの人ならともかく、社員や大工さんと連絡が取れてもどうにもならないことの方が多いです。

 

・アフターサービスが受けられない

しっかりした会社に事業を継いでもらっていれば別ですが、通常は倒産したらその建築会社と施主とのつながりは途切れます。

当然、1年点検とか3年点検とかのアフターメンテナンスは期待できません。

あと、年末に営業さんがカレンダーを持って挨拶に来ることもなくなるでしょう。

 

今は、新築の建物は法律で10年保証が義務付けられているので、普通は保険に入っているはずです。

なので、雨漏りや家の傾きなどの致命的な問題が起きた時はその保険でカバーできるので、その点では建築会社が倒産しても安心といえるかも知れません。

 

ただ、ここで一番問題になるのはその建築会社特有の工法や設備がある場合。

クライムホームでいえば、SPI工法に関する部分で不具合が出た場合、どこに修繕をお願いしていいのか困ります。

他の建築会社でも、例えば全館空調をやってる会社が倒産した場合、空調のメンテナンスはどうなるのかとかありますよね。

 

・代理店機能が失われる

家を建てた人の中には、建築会社を代理店として火災保険に入った人も多いかと思います。

そのような場合、保険自体は継続しますが、保険会社とは直に連絡を取らなければいけけなくなります。

また、住宅設備についても、故障したらそれぞれのメーカーに直接連絡する必要が出てきます。

建築会社が残っていれば全部建築会社に連絡するだけで済むのに、めんどくさくなりますね。

 

 

建築中の人に比べれば影響は少ないとはいえ、やはり建築会社が潰れると大変です。

とはいえ、施主側に倒産しそうな会社を見抜けというのも無理がありますしね。

難しい問題ですよね。 

 

建築会社が倒産するとやっぱり大変と思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

令和最大の衝撃

令和に入って、最大級の衝撃が我が家を襲いました。

 

衝撃度でいうと、コロニー落としに匹敵するくらいです。

f:id:J-CROW:20190706213202j:plain

 

きっかけは、新聞に入っていた住宅展示場の広告でした。

 

( 凸)・・・あれ?クライムホームのモデルハウスが載ってない。

 

はじめは、ちょっとおかしいなと思ったくらいだったのですが、他の展示場のサイトからもクライムホームの記載が消えているので、段々嫌な予感がしてきました。

 

そこで、ネットで検索してみると、衝撃の真実が。


クライムホーム倒産してた。

 

 

ええええええっ!?

 

ちょっと想定外の事態過ぎてしばらく思考が停止しました。

 

家が完成してからでよかったと喜ぶべきなのか、これからのアフターメンテナンスどうなるんだろうと不安がるべきなのか・・・

 

ちなみに、事業は別の会社が継承するので、現在建築中の方は無事に家が建つそうです。

しかしそれ以外のことはまだ決まっていないようなので、今後のアフターサービスは期待しないでいた方が賢明でしょうね・・・

 

幸い、営業のTさんとは電話がつながったのでお話を伺いましたが、社員の方も色々と大変みたいです。

 

まさか自分の身にこんな事態が降りかかってくるとは想定外にも程がありすぎて、ちょっと考えがまとまらないままブログ書いています。

 

とりあえず半年点検完了後でよかったと思うしかないですね。

 

想像をはるかに超えた事態だったよと思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

窓に付けるのはカーテン?それとも・・・・・・

今更ながらにカーテンを付けようと思い立った我が家ですが、そこでハタと思いとどまりました。

 

それというのも、窓に取り付けることができるのは別にカーテンだけというわけではありません。

そもそも本当に取り付けるのはカーテンでいいのか?と考えてしまいました。

 

そこで、いわゆるウインドウトリートメントといわれるものにはどんなものがあるのか、ちょっと調べてみました。

 

①カーテン

f:id:J-CROW:20190629222448j:plain

言わずと知れたカーテンです。

デザインの豊富さと、布やレース素材故の柔軟さが特徴です。

特にそこから直接外に出る可能性のある掃き出し窓では、一部だけめくればそのまま外に出られるので便利です。他のものだと、全部開けないと外に出られないとかありますからね。

また、厚手のものと薄手のものを組み合わせて使うこともできます。

気軽に取り外して洗濯したり模様替えできるのもポイントが高いです。

 

②ブラインド

f:id:J-CROW:20190629222817j:plain

羽を上下に動かすことで調光の程度を調整できるウインドウトリートメントです。

どちらかというとオフィスや店舗で使われていることが多いイメージですね。

カーテンよりもかっこよく調整もしやすいのが特徴。

ただ、仕組みがより機械的なので、故障しやすかったり掃除しにくかったりもします。

 

バリエーションとして、木製のウッドブラインドや、縦に開く縦型ブラインドもあります。

 

③ロールスクリーン

f:id:J-CROW:20190629222946j:plain

布や紙を上下に巻き上げるタイプのウインドウトリートメントです。

ブラインドやカーテンに比べるとシンプルでスッキリ見えるのが特徴です。

縦長の窓にも綺麗に嵌まるのもいいですね。

 

④プリーツスクリーン

f:id:J-CROW:20161129144328j:plain

和紙や不織布を蛇腹に畳んだ形のウインドウトリートメントです。

和風のロールスクリーンというかブラインドというか。

和室など和の空間に調和するのが最大の特徴です。

一方、紙や不織布なので、ちょっと強度に不安がありますね。

特に子供やペットがいるとなかなか使いにくそうです。

 

ハニカムシェード

f:id:J-CROW:20190629223606j:plain

 断面が蜂の巣状のウインドウトリートメントです。

形としてはプリーツスクリーンに近いですね。

最大の特徴は断熱性能の高さ。トリプルガラスとの組み合わせは最強っぽいです。

 

 

うーん、これだけあると迷いますね。

ちなみに広義では障子もウインドウトリートメントの一種だと思うんですが、障子の場合はリフォームでもしないと気軽には取り付けられないので、今回は選択肢に入れていません。

 

・・・・・・もういっそ、ビームカーテンとかないんでしょかね。

ガイトラッシュのビームマントみたいな感じで。

f:id:J-CROW:20190629224624j:plain

 

窓に何を付けるのかは迷うねと思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

いよいよあれを付ける時

以前に入居後Web内覧会で紹介した写真を見て、何か違和感を感じた方はいなかったでしょうか。

 

例えばリビング。

f:id:J-CROW:20180715232452j:plain

例えば寝室。

f:id:J-CROW:20180404041347j:plain

 

お分かりでしょうか。

そう、カーテンがないんです。

 

入居後半年以上経過して、未だにカーテンを付けていない家というのも珍しいんじゃないでしょうか。

 

でもね、これにはちょっとした逸話がありまして。

我が家の完成見学会の日に、大宮展示場のS店長に相談したんです。

 

( 凸)うちにはどんなカーテンを付けたらいいと思います?

( S)いや、カーテン要らないんじゃないですか?

(;凸)!?

 

真に受けて、今までカーテン付けてませんでした。

 

そもそもカーテン(を含むウインドウトリートメント)って、何の為に必要なんでしょう。

 

一般的には、以下のような意味合いがあるようです。

 

①遮光効果

遮るものがないと、眩しかったり床が焼けたりしてしまいます。

また、寝室の場合は暗くないと眠れない人もいますよね。

特に我が家の場合、東側に寝室があるので朝日を防ぐことは重要です。

 

②断熱効果

窓は家の中でも最も熱が逃げる場所の一つ。

家の断熱性を高めたければ、少しでも窓から逃げる熱を防ぎたいですね。

そんな時、特に厚手のカーテンは窓の断熱性能を高める効果があります。

冷暖房の効率を上げるので、電気代の削減にもつながります。

 

③視線を遮る効果

道路に面した窓だったり、隣の家と窓が向かい合っていたりする場合、外の人と視線が合ったり家の中を覗かれたりするのは気まずいですよね。

それに、防犯上もよろしくない気がします。

そんな時、カーテンが視線を遮ってくれれば安心ですね。

 

④インテリア効果

カーテンは結構面積が大きいので、存在感があります。

壁紙ほどではありませんが、その色や柄によって部屋の雰囲気をガラッと変える効果があります。

季節によってカーテンを変えて季節感を出すのもいいですよね。

 

うん、考えれば考えるほど、いつまでもカーテンがないのはまずい気がしてきました。

 

そんなわけで、次回はカーテン屋さんに下見に行ったお話です。

  

カーテンは大事だよと思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

6月に咲く花

最近、梅雨に入って雨が多いですね。 

でもこの時期だからこそ花開く植物もあります。

 

そんなわけで、今日ははるばる茨城県潮来市まで、アヤメを見に行ってきました。

f:id:J-CROW:20180814045012j:plain

現在、あやめまつり開催中ということで、人手も多かったです。

f:id:J-CROW:20180814045555j:plain

わざわざ県を跨いで花を見に行ったわけですが、我が家の庭にもこの時期に咲いている花があります。

それがこちら。

f:id:J-CROW:20180813232227j:plain

和室から見た庭の光景ですが、奥の方に青い花が咲いているのが分かりますでしょうか。

6月の代表的な花、紫陽花です。

 

拡大してみるとこんな感じ。

f:id:J-CROW:20180813232254j:plain

昨日は雨が降ったので、雨粒が残っていますね。

梅雨時の花だけに、水玉も良く似合います。

 

紫陽花は玄関側にも咲きました。

f:id:J-CROW:20180813232145j:plain

庭側に比べると、咲いている花の数も少ないし大きさも小さいです。

f:id:J-CROW:20180813232139j:plain

でも、昨年まで庭側の柿の木の下に植わっていた木を移植したものなので、根付くかどうかさえ不安だった紫陽花です。

咲いてくれただけでよかったと思います。

できれば来年はもっと咲いてくれたら嬉しいですけどね。

 

梅雨時の花もいいねと思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

収穫の時

春に庭に植えたミニトマトと茄子。

ついに、実りの時が来ました。 

f:id:J-CROW:20190608142507j:plain

 

トマトは赤々と、

f:id:J-CROW:20190608142454j:plain

茄子は黒々と実りました。

f:id:J-CROW:20190608142516j:plain

このままにしておくと熟れすぎてしまいますし、鳥や虫に先に食べられてしまいそうなので、収穫することにしました。

f:id:J-CROW:20190608142601j:plain

 

 まだまだ豊作といえるほどではありませんが、そこそこの収穫量です。

f:id:J-CROW:20190608142750j:plain

 

ミニトマトは、翌朝サラダとして食卓に上りました。

f:id:J-CROW:20180806221039j:plain

やはり農家のものとは味が違いますが、素朴な味わいでした。

自宅で野菜を収穫するのも、結構楽しいものです。

 

収穫は家庭菜園の醍醐味だねと思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村