ガンダムファンの作る和風の家

いちガンダムファンの私が、クライムホームさんと外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。

【Web内覧会その7】見どころ満載のダイニング・リビング前編

Web内覧会、いよいよ1階も佳境です。

 

今回は1階の中心ともいうべきダイニング・リビングを紹介します。

間取りで行くとこの部分になります。

f:id:J-CROW:20181014002536j:plain

1階・・・というか、家全体でも最も広い空間になります。

 

間取り的には、キッチンとも繋がっているので、入り口は同じこのリビングドアになります。

f:id:J-CROW:20180908165900j:plain

こちらは、ときがわ町の建具会館経由でウッディノナカという建具の工房に依頼して作ってもらった施主支給品です。

杉材なので、床ともよく馴染んでいます。

そして下半分の色が変わった部分はアクセントとしてチーク材を貼っています。

色合いや木目が違うので、いいアクセントになっているんじゃないでしょうか。

 

ダイニング・リビングに実際に入るとこんな空間が広がっています。

f:id:J-CROW:20180922134608j:plain

一面に広がる杉の床材が目を惹きますね。

ダイニングテーブル始め、家具が置かれるとここまで広々とした光景は見えなくなるので、今だけの貴重な光景です。

 

そして上を見上げれば、8畳分ほどもある巨大吹き抜けが。

f:id:J-CROW:20180922134800j:plain

我が家の最大の見どころの一つですね。

この吹き抜けだけなら、大手ハウスメーカーのモデルハウスにも負けてないんじゃないかと思います。

 

ちなみに天井は板張りに見えますが、実は壁紙です。

 

( 凸)床や梁は無垢材だし、天井も本物の板張りだと勘違いしてくれるんじゃないかな。

 

という姑息な減額調整戦略ですが、案外うまくいってるんじゃないかと思います。

 

照明は、シーリングファンと一体型のものです。

f:id:J-CROW:20180922123637j:plain

吹き抜けの照明って、通常よりも高い場所に設置するので、明るさは充分なのかとか梁が影にならないかとか色々悩みました。

Panasonicやオーデリックのショールームで色々相談したりもしました。

 

右側の梁に設置された白い棒状のものも、実は照明です。

天井を照らすことで、全体を明るくする一種の関節照明になります。

こちらはPanasonicのアドバイスで設置することにしました。

 

それでもまだ光量が不安だったので、壁にもスポットライトを設置しました。

f:id:J-CROW:20180922135022j:plain

キューブ上でスポットライトっぽくないのが特徴ですが、ちゃんと角度調整とかもできるようになっています。

 

そして、その下に設置されたフックは施主支給品です。

 

部屋の奥から吹き抜けを見上げれば、そこには我が家のシンボルが。

f:id:J-CROW:20180922134819j:plain

 梁についた照明のことじゃないですよ。

壁の上部に見える、枠に囲まれた部分です。

 

拡大してみましょう。

f:id:J-CROW:20180922134826j:plain

 よく見れば、ガンダムの木製インテリアと、建て替え前の家から移植した梁があるのが分かります。
リビングから眺められるというのがいい感じです。

 

ダイニング・リビングは見どころが多いので、残りは次回に回すことにします。

  

部屋も吹き抜けも広い!と思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 

【Web内覧会その6】広々パントリー

Web内覧会第6回は、キッチンのさらに奥へと足を踏み込んでみましょう。

f:id:J-CROW:20180922122842j:plain

この写真の、左奥の方です。

 

間取り図でいうとこちらになります。

f:id:J-CROW:20181012235553j:plain

 そこにあるのは、そう、パントリーです。

f:id:J-CROW:20180908171009j:plain

両側が棚になっていて真ん中に通路がある、いわばウォークインパントリー。 

棚は全て可動棚なので、収納物の大きさに合わせて高さを変えられます。

 

正面から見ると分かりませんが、一番奥の棚はニッチになっていて、他の棚よりも奥行きのあるものも収納できるようになっています。

f:id:J-CROW:20180922121823j:plain

また、一番奥のアクセントクロスは、実は裏テーマである『四季』の夏になります。

海とか青空のイメージです。

 

・・・いや、無理があるのは分かってますよ?

でも夏らしい壁紙って、他の季節に比べて全然ないんですよ。

花火とか蛍とか向日葵とか、あっても良さそうなものなんですけどね。

 

ちなみに窓からはお隣さんのお庭が見えます。

f:id:J-CROW:20180922121837j:plain

地味に借景ですね。

 

そしてパントリーには、勝手口も付いています。

f:id:J-CROW:20180922121729j:plain

買い物を玄関を通らず直接パントリー経由でキッチンに運び込める間取りは、かなり優先順位の高い要望でした。

 

この勝手口のドア、窓が開くようになっていて換気や採光もできます。

f:id:J-CROW:20180922121743j:plain

まあ、真横に窓があるのでそんなに開け閉めしない気もしますが・・・

 

勝手口の足元は土間になっています。

f:id:J-CROW:20180922121722j:plain

当初は土間の予定ではなかったんですが、完成見学会で土間になっている勝手口を見て、急遽変更してもらいました。

靴を脱がなくてもそのままパントリーに入れるのは便利ですよね。

その他にも、ゴミの一時置き場とか、泥の付いた野菜の置き場とか、色々と使い道がありそうです。

 

あと、さりげなくコンセントカバーが木製のものになっていますが、こちらは施主支給品です。

 

これだけ収納場所があれば、食料や日用品の保管場所には困らなそうですね。

<仕様>

・勝手口 YKKAP 通風ドア横格子 エピソード(プラチナステン)
・天井クロス リリカラ LB9142
壁紙 シンコール SLP382
・アクセントクロス リリカラ LW2008
・床 ウッドワン ピノアース(ナチュラル)
・照明 オーデリック OL291 126P3D

 

広いパントリー使いやすそうと思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

【Web内覧会その5】使い勝手を考え抜いたキッチン

Web内覧会、いよいよ1階最後の水回り、キッチンに突撃します。

f:id:J-CROW:20180908165900j:plain

キッチンはこのリビングドアを開けた正面になります。

 

間取り図でいうとここですね。

f:id:J-CROW:20181009215306j:plain

では、リビングドアをオープンしてみましょう。

f:id:J-CROW:20180922122105j:plain

 

こちらが、キッチンの全容になります。

f:id:J-CROW:20180922122813j:plain

 

ドアを抜けるとまず目に飛び込んでくるのがこのニッチ。

f:id:J-CROW:20180922122135j:plain

当初は殺虫剤とか入れておくために作ったんですが、リビングドアを開けて正面ということで、ちょっと用途を考え直す必要があるかも知れません。

 

システムキッチンはタカラスタンダードのグランディア

f:id:J-CROW:20180922122751j:plain

カラーは我が家では珍しいダーク系。

LDKは全体的にナチュラルな雰囲気なので、1か所でも濃い色があると締まりますね。

 

キッチンの下は予定通り引き出しを設置せずに、空けてあります。

f:id:J-CROW:20180922122435j:plain

ここにこだわったために、キッチン探しはえらく難航しました・・・ 

 

ちなみに床材は、LD部分の杉材とは違い、ウッドワン無垢フローリングであるピノアースになっています。

これはクライムホームのバスツアー特典です。

当初は普通のフローリングの予定だったんですが、冬場は寒そうだということでここにバスツアー特典を使うことにしました。

 

ワークトップはボールのこだわりによるステンレストップです。

f:id:J-CROW:20180922122419j:plain

熱にも傷にも強いということで、始めから選択肢はほぼ一択でした。

 

頑丈と言えば、ホーローのキッチンパネルもそうですね。

ショールームでは、ハンマーで叩かれたり火で炙られたり落書きされたりと、散々な目に遭いながらも頑丈さをアピールしまくっていました。
マグネットを色々取り付けられるのもホーローの特徴の一つ。

上の写真に写っているフックも、マグネットなので場所は自由に変えられます。

ついでにレンジフードもホーロー製なので、汚れが落としやすいそうです。

 

シンクは大きめなZシンク。

f:id:J-CROW:20180922122345j:plain

広々としていて使いやすそうです。

左側の着脱式の水切りプレートも便利そう。

 

水栓は、もっともシンプルなタイプのものを選びました(ボールが)

今どきセンサーどころかハンドシャワー機能すらない水栓とか逆に新鮮。

 

コンロは、IHでは一般的な3口のもの。

f:id:J-CROW:20180922122400j:plain

IHを使うのは初めてなので、使いこなせるかちょっと心配です。

 

ちなみにタカラのキッチンは引き出しの中も全てホーロー。

f:id:J-CROW:20180922122612j:plain

仕切りもマグネットで自在に配置できるので、収納自体は至ってシンプル。

LIXILとかPanasonicで結構工夫を凝らした収納を見た後だと、特にそう感じます。

まあ、シンプル・イズ・ベストですよね。

 

キッチンの照明は、レトロ感溢れるレプリカのペンダントライト。

f:id:J-CROW:20180922122842j:plain

和の雰囲気にうまく合ってて部屋全体のオシャレ度をアップしてくれています。

 

レンジボードは下駄箱同様、特注で作ってもらったので必要な機能は余すところなく完備しています。

f:id:J-CROW:20180922122444j:plain

特に欲しかったのが、引き出せる作業テーブル。

f:id:J-CROW:20180922122512j:plain

レンジから取り出したものの一時置き場とかに活用する予定です。

 

ちなみに冷蔵庫はリビングドアの脇に専用スペースを作って設置することになっています。

f:id:J-CROW:20180922121945j:plain

これでキッチンの背面がより広く使えます。

 

 キッチンはデザイン性より使い勝手を優先した空間なんですが、意外ときれいにまとまりましたね。

 

<仕様>
・キッチン タカラスタンダード グランディア(ウォルナットブラック)

 ワークトップ ステンレス(オーバルエンボス加工)

 キッチンパネル ホーロークリンパネル(ロッシュホワイト)

 シンク Zシンク

 コンロ 3口IHヒーター CS-T316HNSRT

 水栓 シングルレバー水栓

 キャビネット 足元スライドタイプ

 レンジフード VRASタイプ

・レンジボード 泰山木 特注品

・天井クロス リリカラ LB9142

・壁紙 シンコール SLP382

・床 ウッドワン ピノアース(ナチュラル)

・照明 オーデリック OL291 126P3D

・ペンダントライト 緑色切子シェード電笠

 

キッチン使いやすそうと思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

【Web内覧会その4】やりすぎ感満載の1階トイレ

洗面台の左右は全く同じ引き戸が並んでいますが、

f:id:J-CROW:20180922120321j:plain

今度は右側の引き戸を開けてみましょう。

 

ちなみにこの引戸、縦に筋が一本走っています。

f:id:J-CROW:20181008093016j:plain

この筋に手を掛けることで、取っ手を使わずとも開け閉めできるので便利です。

 

ではさっそく、溝に手を掛けて引き戸をオープンしてみます。

f:id:J-CROW:20180922120337j:plain

ということで、Web内覧会の第4回は、1階トイレをご紹介します。

 

間取り図でいうと、洗面所の北側に当たるこちらになります。

f:id:J-CROW:20181007223616j:plain

 

便器はPanasonicアラウーノSIIになります。

f:id:J-CROW:20180922120414j:plain

他社の物に比べると、かなり四角いです。

ただ、凹凸が少ないので、掃除は楽そうです。

 

蓋を開けるとこんな感じ。

f:id:J-CROW:20180922120427j:plain

当然ですが、便座部分も四角いですね。

アラウーノSIIの最大のウリは、洗剤をセットしておけば自動で洗浄してくれる「激落ちバブル」にあるので、使用してみての感想は後で別に記事にしたいと思います。

 

床はPanasonicショールームで一目惚れした、芦野石風のフローリングです。

石風の柄なので寒々しく見えますが、実際にはそれほど冷たくはありません。

結構色合いに差があって、コントラストが効いています。

 

壁紙は、和紙風のものにしました。

f:id:J-CROW:20180922120408j:plain

我が家で唯一、メインの壁紙にオプション料金の壁紙を選びました。

水回りだけに、撥水機能付き。

 

ついでに、リモコンは標準のものです。

特にかっこよくはないですが、機能は充分ですので、そこまでこだわりませんでした。

 

そして紙巻き器は、MEIBEIのトイレットペーパーホルダーです。

本体はプラスチックですが、天板部分は竹材という、ちょっと変わり種です。

ここにも裏テーマの『竹』が出てきました。

 

 

そして、アクセントクロスの代わりに貼ったのが平田タイルのトロンヌ。 

f:id:J-CROW:20180922120357j:plain

モザイク状のタイルが、不可思議な空間を作り出しています。

 

タイルの下部には腰壁として杉板を貼っています。

f:id:J-CROW:20180922120452j:plain

これは外壁に貼った腰壁の余りを貼ってもらったもの。

壁紙、タイル、腰壁のバランスが絶妙に決まったんじゃないかと自画自賛しています。

 

写真左側のニッチはトイレットペーパーを置くためのものですが、かなり余裕があるので、インテリア類も置くことになるかも知れません。
白い枠がいいアクセントになりました。

 

便器の背後に目を向ければ、カウンターと隙間収納が。

f:id:J-CROW:20180922120440j:plain

収納されているのは、アラウーノ用の洗剤です。

この収納が設置されることになった経緯については、こちらの記事をご覧ください。
完成してみてから振り返っても、やはり我が家最大の事件でしたね・・・

 

最後に、照明はSHARPのプラズマクラスター内蔵型の照明です。

f:id:J-CROW:20180922120345j:plain

センサー機能も付いているので、人が入ってくると自動で点灯します。

オシャレ感は皆無ですが、ここは機能性重視でいくことにしました。

 

トイレは気付いたら、こだわり要素だらけで、やりすぎ感満載な感じになってしまいました。

その分、入った時の特別感が半端ないので、後悔はしていないです。

 

次回は、リビングドアを抜けて1階の水回り最後の箇所に潜入しますよ。

f:id:J-CROW:20180908165900j:plain

 

<仕様>
・便器 Panasonic アラウーノSII
・天井クロス リリカラ LBX9195
・壁紙 リリカラ 8585
・タイル 平田タイル TRN-Rトロンヌ
・床 Panasonic アーキスペックフロア―A KEKV1AY
・照明 SHARP 天井設置型イオン発生器 IG-HTA20-W

 

トイレに無駄にこだわりすぎ!と思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

【Web内覧会その3】分不相応な高級システムバス・SPAGE

Web内覧会第3回は、我が家の中で一番迷走した浴室です。

 

元々浴室は肩まで浸かれる深い浴槽が希望でしたが、これがなかなか見つからず、それなら造作で檜風呂でもいいんじゃないかと夢を見た時期もありました。

 

そして結局紆余曲折の末、LIXILの最高級ブランドであるSPAGE(スパージュ)を選びました。
正直、我が家でもっとも分不相応な箇所だと思います。 

 

さて、その結果どうなったのかを見ていきましょう。 

浴室は、間取り図で行くとこの赤枠の部分になります。

f:id:J-CROW:20181006214311j:plain

 

それでは、引き戸を開けて、浴室へと入っていきましょう。

f:id:J-CROW:20180922120723j:plain

ちなみに、SPAGEといえど標準仕様は折り戸なので、引き戸は地味にオプションです。

 

浴室は標準より大きめの1620タイプ(1.25坪サイズ)です。

f:id:J-CROW:20180922120731j:plain

 パールブラックの美しい浴槽が目を惹きますね。

その分掃除が大変そうですが。

 

蓋はベンチにもテーブルにもなるマルチボード仕様。

f:id:J-CROW:20180922120849j:plain

クッション面を裏返すと、物を置きやすいフラット面になります。

f:id:J-CROW:20180922120911j:plain

 

そして浴槽の反対側に目を向ければ、SPAGEに決めた最大の要因でもある肩湯『アクアフィール』及びその付属オプションのサイレントジェットが。

f:id:J-CROW:20180922120915j:plain

今から肩湯を浴びるのが楽しみで仕方ありません。

 

蓋を全部閉じるとこんな感じになります。

f:id:J-CROW:20180922120943j:plain

 

ちなみに蓋の保管は標準で3点フック留めになります。

f:id:J-CROW:20180922120854j:plain

 

壁は、SPAGEに決めた第2の要因であるHGストライプをアクセントに持ってきました。

f:id:J-CROW:20180922120821j:plain

写真だとうまく伝わらないんですが、ラメの入った濃い緑で、光の加減によって表情が変わるんです。森林浴をしているような落ち着きがあります。

 

まあ、窓の外には本物の緑が広がってはいるんですが。

f:id:J-CROW:20180922121048j:plain

庭の景色を眺めながらお風呂に入れるように、浴室が南側という変わった間取りにしたんですが、正解でした。

ちなみに流石に外からの視線も気になるので、ブラインド付きの窓にしています。

 

メインの壁は、木目のある白い壁、ウッドグレインライトです。

f:id:J-CROW:20180922121032j:plain

収納も写っていますが、こちらは標準のものよりもやや広いものにしました。

 

照明も標準のネオスライス照明。

f:id:J-CROW:20180922121022j:plain

ライン照明とか憧れだったんですけど、流石にそこまで予算がありませんでした。

 

鏡は、私は特に必要なかったのですが、ボールが必要だというので標準のものを付けました。

シャワーも標準のエコフルシャワーです。

よく分かりませんが節水機能付きのようです。

でも、シャワーフックはスライド機能付きのものに変更しています。

 

水栓部分も標準なんですが、オプションのものよりかっこよくて気に入っています。

f:id:J-CROW:20180922121027j:plain

床は、標準だと単色なんですが、オプションでモザイクのものに変えました。

 

さんざん悩んだ末に決めた浴室だけに、早く入ってみたくてたまりません。

浴室はデザインもありますが、何より入り心地が大切ですよね。

そのうち、入り心地のレビューもしたいと思います。

 

次回は、洗面台の右側の引き戸を開けてみますよ。

f:id:J-CROW:20180922120321j:plain

 

<仕様>
システムバス LIXIL SPAGE 1620BXタイプ

 ・浴槽マルチボード浴槽 パールブラック
 ・浴槽オプション アクアフィール
 ・照明 ネオスライス照明
 ・壁(ベース) ウッドグレインライト
 ・壁(アクセント) HGストライプ
 ・床 加飾キレイサーモフロア モザイクホワイト
 ・ドア キレイドア片引戸
 ・水栓 壁付サーモ水栓
 ・シャワー エコフルシャワー スライドフック付握りバー
 ・鏡 キレイ鏡タテ長ミラー
 ・収納 収納棚(275W)クリア 

 

SPAGEのハイグレード感凄いと思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

【Web内覧会その2】機能重視の洗面台と脱衣所

Web内覧会、書くのに想像以上に労力がいりますね・・・

前回の玄関とか、通常の3倍どころじゃないくらい疲れました。

f:id:J-CROW:20181003224156j:plain

 

さて、Web内覧会の第2回は洗面台。

・・・と、それだけだと書くことが無さすぎるので、合わせて脱衣所も紹介します。

 

間取り図で見ると、この部分です。

f:id:J-CROW:20181003224303j:plain

 

玄関を入って右手に移動すると、正面にあるのが洗面台です。

f:id:J-CROW:20180922120314j:plain

 

洗面台って、鏡があるので自分が映り込まないように撮るのが難しいですね・・・

f:id:J-CROW:20180922120125j:plain

洗面台は、Panasonicのシーラインです。

鏡に沿って灯るライン照明が特徴的。

通常の照明に比べて顔がはっきり映るようです。

まあ、そんな性能を置いておいても、オシャレですよね。

 

 

三面鏡部分は扉になっていて、内部は収納になっています。

f:id:J-CROW:20180922120235j:plain

棚の位置は可動式なので、置く物の大きさに合わせて臨機応変に対応できそうです。

 

そして、洗面台の下は扉のないフロートタイプのオープン収納。

玄関から丸見えの位置なので、収納するものをよく吟味しないといけませんね。

 

 ちなみに洗面台のあるこの廊下、洗面台側には天井に照明が付いていません。

玄関の明かりが届くだろうということと、ライン照明で代用できるだろうということで付けなかったんですが、使い勝手がどうなるかは追々記事にしていこうかと思います。

 

さて、洗面台の両側には全く同じ引き戸が並んでいます。

f:id:J-CROW:20180922120321j:plain

初めての人には分かりにくいですが、この内、左側の引き戸が脱衣所の入り口になります。

では、中に入ってみましょう。

f:id:J-CROW:20180922120513j:plain

まだ洗濯機は置いていませんが、洗濯パンが設置されているので、大体の位置と大きさの見当は付きますね。

 

そして洗濯機の隣には、ボールこだわりのスロップシンクが設置されています。

f:id:J-CROW:20180922120636j:plain

本来アウトドア用の、ステンレス製の武骨でシンプルなものですが、汚れ物を洗うためのものですので、むしろ陶器の物より用途的には相応しいです。

水栓部分も、非常にシンプルなものです。

 

反対側の壁も見てみましょう。

f:id:J-CROW:20180922120520j:plain

柄が薄くて分かりにくいのですが、アクセントクロスは竹と雪の柄になっています。

はい、出ました。我が家の裏テーマの『竹』です。

そして、実は我が家の壁紙にはもう一つ裏テーマがありまして、それが四季。

そう、ここのテーマは『冬』です。

 

壁には、手すり用のパーツを流用したタオル掛けを付けています。

f:id:J-CROW:20180922120606j:plain

 ここにはバスタオルを掛ける予定です。

見ての通り広い空間ではないので、洗濯機とスロップシンクを置いてしまうとほとんど収納のスペースが取れないんですよね。

それだけにタオル掛けは広めにしています。

 

最後に、床に目を向ければ、まるで石張りのような不思議な空間が。

f:id:J-CROW:20180922120643j:plain

一見冷たそうに見えますが、実はクッションフロアなのでそこまで冷たくはありません。

このクッションフロアは、現場監督のAさんが選んでくれました。

 

脱衣所については以上になります。

次回は、この先に続くバスルームへとご案内します。

f:id:J-CROW:20180922120704j:plain

 

<仕様>

・洗面台 Panasonic シーライン750mm巾

・スロップシンク サンイデア  アウトドアキッチンSK-0600

・天井クロス サンゲツ SP2124

・壁紙 シンコール SLP363

・アクセントクロス リリカラ LW2508

・クッションフロア サンゲツHM6003

・ダウンライト 大光電機 DDL-5103AW

 

脱衣所は機能性第一で充分だと思う方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

【Web内覧会その1】インパクト勝負の玄関

いよいよ今回から、Web内覧会を始めさせてもらいます。

ずっとWeb内覧会を目標にブログを書いてきたので、ようやくここまで辿り着けて感無量です。

 

内容的に、過去の記事と被る部分もありますが、総まとめの意味もあるのでご容赦下さい。

 

さて、栄えある第1回は、家の顔でもある玄関から紹介していきます。

 

間取りで見ると、この赤枠の部分になります。

f:id:J-CROW:20181001220807j:plain

 まずは、玄関ポーチから玄関を見てみましょう。

f:id:J-CROW:20180908163135j:plain

外壁はオメガジャパンのホワイトウォール、腰壁は中本造林の杉羽目板になります。

 

玄関の扉は、引き戸にしています。
何と言っても、ドアより出入りがしやすいです。

そして、いかにも和の雰囲気を醸し出しています。

 

照明は、玄関引き戸との調和を最優先で選びました。

正直、単体で見た時には微妙だと思っていたんですが、色といいデザインといい、玄関引き戸とベストマッチしていますね。

 

では、いよいよ玄関の中に入ってみましょう。

f:id:J-CROW:20180922140204j:plain

 

これが、玄関の全体像です。

f:id:J-CROW:20180922141123j:plain

 

廊下側から見るとこんな感じ。

f:id:J-CROW:20180922141028j:plain

 

見て分かる通り、玄関はそれほど広くありません。むしろ狭いです。

もちろん、シューズクローゼットも土間収納もファミリー玄関もありません。

 

でも、玄関はやはり家の顔。狭い分、インパクトで印象に残る玄関にすることにしました。

 

玄関に入って、まず目に入るのがこの照明。

f:id:J-CROW:20180922141353j:plain

 ちょっと他には見ないような、不思議な形が目を惹きますね。

 

こちらは新洋電気の『羽』というペンダントライトです。

明屋さんで現物を見て、一目惚れして決めました。

ちなみに別付けでセンサーを付けているので、人が近づくと自動で点灯します。

これがなかなか便利です。

 

もう一点、玄関に入って視界に飛び込んでくるのはこちら。

f:id:J-CROW:20180922140953j:plain

まるで竹が生えているようです。

こちらは、営業のTさんお薦めのウッドワンのデザインウォールを貼りました。
もっとも、Tさんもまさかこんな貼り方をするとは思っていなかったと思います。

そしてウッドワンも、こんな使い方は想定していなかったことでしょう。

実は我が家の裏テーマは『竹』。今後ここ以外にも竹が色々と出てきますので、気にかけてみてください。

 

早速ですが、ニッチにも竹の意匠があります。

f:id:J-CROW:20180922140934j:plain

貼ってある竹っぽいのは、名古屋モザイクで無料で配っていたタイルです。
このニッチは、鍵などを置いておくために使う予定です。

鍵を引っかけておくためのフックも付けました。

 

そして下駄箱は、工房に頼んで作ってもらった特注品。

f:id:J-CROW:20180922141142j:plain

扉は桜材で、シンプルながら味のある仕上がりになりました。

扉を開けると、中はこんな感じになります。

f:id:J-CROW:20180922141158j:plain

中に敷いてある白いものは、余ったエコカラットです。消臭・調湿効果を信じて敷いてみました。

 

さて、我が家の玄関は北側にあるので、昼でも暗め・・・と思いきや、これが明るいんです。

 

なぜなら、上が吹き抜けになっているから。

f:id:J-CROW:20180922141034j:plain

ごく狭い吹き抜けですが、上に視界が抜けていて、さらにそこに窓があるだけで、明るさが全然違います。

提案してくれた設計のKさんに感謝ですね。

 

最後に、タイルと床を見てみましょう。

f:id:J-CROW:20180922141139j:plain

玄関タイルはLIXILの陶化木。縦に走る溝がいい味になっています。

また、この溝のおかげで雨の日でも滑りにくいです。

・・・その分、溝に汚れが溜まりそうですけどね。

 

そして床は、LDや寝室と同じ無垢の杉材です。無垢ならではの質素な美しさがあります。

 

玄関については以上です。

玄関は家の顔なので、狭いながらも随所にこだわりを入れました。

ちょっとこだわりすぎてる気もしないでもないですが、当初の目的通りインパクトのある玄関になったと思います。

 

<仕様>

・玄関引き戸 YKKAP 冴II DHS-3206

・天井クロス リリカラ LB9153

・壁紙 トキワ TWS8762

・アクセント ウッドワン デザインウォール「竹」

・床材 中本造林 杉・本実加工(無塗装)

・玄関タイル LIXIL 陶化木

・玄関灯 オーデリック OG041 729LC1

・照明 新洋電気 AP840羽

・センサー オーデリック OA076 037

・ダウンライト 大光電機 DDL-5103AW

・下駄箱 泰山木(特注品)

 

インパクト感じたよ!という方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村