ガンダムファンの作る和風の家

いちガンダムファンの私が、クライムホームさんと外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。

Panasonicのあかりプラン

コイズミのショールームでは何を見ていいか分からなくなったので、Panasonicショールームには、予約をしてから行くことにしました。

f:id:J-CROW:20180123230633j:plain

汐留にあるこのショールームには以前にも設備関係を見に来たことはありましたが、
前回は設備関係を中心に見たので、照明は流し見程度でした。

 

朝一番で予約したので、開店と同時に入店。ショールームの人が一斉に「おはようございます!」と挨拶してきてちょっとしたVIP気分でした。

 

我が家のプランニングを担当してくれたのは、新人とベテランの女性コンビ。

研修も兼ねてたんでしょうか。

 

図面を元にショールーム中を巡って、色々な提案を頂きました。

実際に吹き抜けのある部屋やら寝室やらがショールームに用意されていて、どの照明を付ければどんな雰囲気になるのかを体感できるので分かり易いです。

f:id:J-CROW:20130428134947j:plain

それでも途中、色々と悩みすぎて2時間あっても全然足りない感じでしたが。

しかもボールが選ぶ照明がことごとく高価なものだというね。

 

(*◎)あ、これいい!この照明にします!!

(;凸)(確実に値段見てないよなあ。ことごとく高価なの選んでるし・・・)

 

よく言えば見る目がある、悪く言えばコスト度外視するボールなのでした。

 

Panasonicの照明は、無難なデザインのものが多かったです。

どれを選んでも間違いがないと思うんですが、個性的な家にしたい人にはちょっと物足りない感じ。例えば我が家とか。

 

そして一週間後、家に届いたのがこちら。

f:id:J-CROW:20180622222919j:plain

中を見るとこんな感じでした。

f:id:J-CROW:20180622225025j:plain

どの位置にどの照明を設置するかが事細かに書かれています。

無料でここまでやってくれるのは嬉しいですね。

 

肝心の見積もり結果はダブルスコアで予算オーバーでしたが・・・

 

やっぱり照明のプランはプロに任せた方がいいよ!と思う方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

そろそろ照明も考える時~コイズミ照明のショールームへ

家づくりをしていると、なんか予定のない休日とかあると、何かしなくちゃ!って気持ちになってくるんですよね。

もう一種の病気だと思います。

 

そんなわけで、特に予定のなかった週末に、秋葉原にあるコイズミ照明ショールームに行ってきました。

f:id:J-CROW:20171217160519j:plain

ちょっと街から外れた場所にあって、「本当にこんなところにあるの?」って感じの所に本当にありました。

 

我が家が目指すのは和風の家なので、当然見てくるのは和風の照明になります。

f:id:J-CROW:20171217160802j:plain

ああ、和風の照明は見てるだけで癒されます。

 

(*◎)特に一番手前上段の、欠けた月みたいな照明がいいね!

 

ただ、どこに付けるかと考えると、色々と難しいんですよね。

 

ペンダントライトもズラリ。

f:id:J-CROW:20171217160820j:plain

種類が多すぎて、何がいいのか分からなくなってきました。

 

他の物でもそうですが、特に照明のショールームは、予約して係の人にプラン作りも含めてお願いした方がよさそうです。

 

さて、秋葉原まで来た以上、ガンダムファンの聖地・ガンダムカフェに寄るのはもはや義務ですね。

f:id:J-CROW:20171217171238j:plain

丁度OOの10周年イベント中でした。

 

照明を視察してガンダム成分も補充できたので、充実した週末になりましたよ。

 

照明のショールームに行くと逆に悩むという方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

今明かされる、クライムホームの家づくりの秘密

我が家の完成は8月の予定です。

基礎工事が始まったのが1月、上棟が3月ですから、着工から完成まで半年以上かかることになります。

 

ハウスメーカー工務店によっては3か月くらいで家が建つところもあるので、クライムホームの工事はかなり時間がかかる方だと思います。

 

なぜこんなに時間がかかるのかというと、クライムホームは一棟の家を一人の大工が建てるから。

f:id:J-CROW:20180403100733j:plain

 一人で建てるんだから、それは時間がかかりますよね。

 

時間がかかるというのは、建築会社にとっても施主にとってもデメリットが多いように思えますが、クライムホームはなぜこんな方式にしているのでしょう?

 

そこには、3つの深い理由がありました。

 

その1:木を乾燥させる時間が作れる

f:id:J-CROW:20180414082827j:plain

一見、工期が長くなるのはデメリットのような気がします。

しかし時間がかかればその分、壁の施工前に木を乾燥させることができます。

木は乾燥した方が強度が増しますし、乾燥する前に壁を作ってしまえば木から放出された湿気で壁の内側が結露し、カビの発生の原因にもなります。

敢えて時間をかけて家を建てることで、より頑丈で、より安全な家になるんですね。

 

その2:強固な家にできる

f:id:J-CROW:20180414083036j:plain

クライムホームの家は基本的に瓦屋根です。耐震性を考えれば明らかに不利な瓦屋根を敢えて採用しているのは、瓦の重さを逆手にとって、柱や梁がよりしっかりと嵌まるように計算して施工しているからです。

加えて一人の大工さんが家全体を担当することで、家全体のバランスを見て施工できます。複数の大工さんが同時に作業すると、どうしても自分の受け持ちの部分しか見えなくなりますからね。

 

その3:大工さんが責任感を持って仕事できる

f:id:J-CROW:20180421182800j:plain

個人的にはこれが一番重要なポイントだと思ってます。

一棟まるごと自分の手で建てるとなれば、責任はその大工さん1人に帰結します。

何か家に欠陥があった時に、他人のせいにできないわけですね。

加えて、建てた家はその大工さんの作品になりますから、手抜きはできません。

どうしても複数の大工さんが関われば、責任も建てる家への愛着も分散してしまいますからね。

また、建てる期間が長い分、施主とのコミュニケーションもより密に取れます。

我が家も、週に一回は現場でM棟梁と顔を合わせるようにしています。

 

それと、施工に時間がかかるということは、それだけいろんなものを選ぶ時間が取れるということでもあります。

 

工事中、施主が決めなければいけないことは沢山あります。

外壁や床、建具などの色決め、壁紙や照明、カーテンの選択などなど。

 

もし完成まで3か月しかないと、それだけそれらを選ぶ時間が限られることになります。

その点クライムホームの場合は、その辺りもじっくり悩むだけの時間があります。

これは結構大きいポイントだと思っています。

 

そんなわけで、完成まで時間はかかりますが、それだけ満足度の高い家になればそれに越したことはありません。

後はM棟梁の腕前を信じるのみです。

 

じっくりといい家を建てるのもいいねと思う方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

M棟梁、登場!!

上棟式が終わり、いよいよ本格的な工事が始まりました。f:id:J-CROW:20180315071832j:plain

家の周りに足場が組まれ、自己主張の激しい幕が張り巡らされます。

 

プチッガイと共に中に入ってみると、こんな感じになっていました。

f:id:J-CROW:20180317142431j:plain

中央付近に積まれているのは断熱材です。外断熱の要ですね。

 

そして、中に入ってもやっぱりクライムホームの自己主張は激しかった。

f:id:J-CROW:20180314090918j:plain

 

ついでに、上棟式の際に盛ったお清めのお米もまだ残っていました。

f:id:J-CROW:20180317143233j:plain

 

我が家の工事を担当してくれているのは、棟梁のMさんです。

年配の寡黙な方ですが、腕は確かな、いかにもな職人肌の人でした。

 

黙々と、しかし確実に断熱材を貼っていってくれます。

f:id:J-CROW:20180317143026j:plain

断熱材の隙間を泡で塞いでいるのが分かりますね。

 

まだ立っていない柱もあるようで、ほぞ穴も残っていました。

f:id:J-CROW:20180317143104j:plain

って、プチッガイ嵌まってる!!

 

建築現場に行くと楽しくて、ついつい遊んでしまいます。

なるべくM棟梁に迷惑をかけないように自重しないといけませんね。

 

M棟梁がんばれ!という応援のクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

いの一番が見つからない

玄関タイルのことで頭を悩ませている間にも工事は進みます。

基礎工事が終われば、いよいよ上棟ですね。

 

もっとも上棟の話はすでに書いているので、

gm-ie.hatenablog.com

今回は上棟にまつわるこぼれ話でも。

 

基礎工事終了後は、基礎の上に土台が載せられます。

f:id:J-CROW:20180306110042j:plain

土台と言っても、ドダイYSのことではないですよ?

f:id:J-CROW:20180617221024j:plain

 

それはさておき。

よく見ると土台に「は七」とか書かれてますね。

 

これは柱の位置を示す番号で、横方向は「い、ろ、は、に、・・・」、縦方法は「一、二、三、・・・」と順番に記号が振られているそうです。

 

『真っ先』を意味する「いの一番」はここから来ているんですね。

 

(*凸)よし、ここは記念に「いの一番」の柱を撮っておこう。

 

・・・ということで、いの一番を探したんですが、どこを探しても見つかりません。

 

(;凸)すみません、いの一番が見つからないんですが。

( Y)あ、この家にはいの一番はないんですよ。すみません。

( 凸)え。

 

なんでも、家の形の関係で「いの一番」がない家もあるそうなんです。

我が家の場合、まさにそれ。

どうでもいいと言えばどうでもいいんですが、割とがっかりしたお話でした。

 

まあ、立派な家が建てばそれでいいんですけどね

f:id:J-CROW:20180313155645j:plain

 

いの一番見たかったという方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

名古屋モザイクも見てきました

タイル探しの旅は続きます。

続いて向かったのは、名古屋モザイクのショールーム

f:id:J-CROW:20180421145042j:plain

オシャレ空間だった平田タイルに対し、こちらはスタイリッシュ空間といった感じ。

 

階段まで一面タイルが張られてスタイリッシュです。

f:id:J-CROW:20180421145021j:plain

 

モザイクと冠するだけあって、モザイクタイルが充実していました。

自分でモザイクのパターンを組み合わせたりもできちゃいます。

 

でもやっぱり和風のものはないんですよね。

残念ながら我が家にとってこれといったタイルは見つかりませんでした。

 

ただ、収穫ゼロというわけではありません。

名古屋モザイクでは絶版になったと思しきタイルを無料で持ち帰っていいコーナーがあるんです。

タイルだから重いしかさばるしでそんなに多くは持ち帰れませんが、こんなのもらってきました。

f:id:J-CROW:20180421183900j:plainかまぼこ型のタイルです。色的にはかまぼこというより縦に割った竹と言った方が近いでしょうか。

いかにも和の雰囲気だったので、思わずもらってきてしまいました。

 

(;◎)それより上! 上にイスケさんピンクの熊が乗ってる!!

( 凸)ただの熊じゃないよ!プチッガイさんだよ!!

f:id:J-CROW:20180615231559j:plain

大きさの対比に便利なので乗せてみました。

これからもちょくちょく登場する予定なのでよろしくです。

 

プチッガイかわいい!と思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

平田タイルショールームへ

おしゃれな家づくりを目指す人が一度は行っているであろう、平田タイルのショールームに行ってきました。

f:id:J-CROW:20170312022757j:plain

 

(;凸)え、何このオシャレ空間!?

(;◎)なんか場違いな場所来ちゃったよ!?

 

思わず挙動不審になるくらい、洗練された空間が広がっていました。

とはいえ、戸惑っていても仕方ないので、勇気を出してショールーム内に踏み込みます。

目的は、もちろん玄関タイルです。

 

( 凸)うーん、いい物はいっぱいあるんだけど、和風って感じじゃないなあ・・・

 

ラインナップは輸入タイルが中心なので、和の雰囲気に合うタイルはなかなか見つかりません。

 

( ◎)あ、これどうかなあ。

 

そんな中、ボールが見つけたのがこちら。

f:id:J-CROW:20180614231007j:plain

ノネというタイルです。木、石膏、コンクリート、砂岩という4種類の質感のタイルを組み合わせたもの。全く別の4種類のタイルにもかかわらず、同じ色合いと形にすることで一体感を持たせています。

 

うん、これなら和風の玄関にも合いそうですね。そして個性的です。

 

(*◎)そんなことよりこっちのタイルがきれい!これ使いたい!!

 

ボールが一目惚れしたタイルが、こちらのモザイクタイルです。

f:id:J-CROW:20180401103910j:plain

写真だと伝わりにくいですが、凄く立体感のあるタイルです。

施工事例の方が分かり易いでしょうか。f:id:J-CROW:20180615202043p:plain

こちらはトロンヌという、ガラスと石をミックスしたモザイクタイル。光の加減で様々な表情が楽しめそうです。が、 

 

(;凸)これ確かに美しいけど、床用のタイルじゃないよ?

( ◎)うん、知ってる。だから玄関じゃなくて他の場所に付けるの。

(;凸)どこに?キッチンはホーローのキッチンパネルだし、洗面台も造作じゃないよ?

( ◎)・・・えーと。

 

なんか考え込んでしまいましたが、もうこのタイルを使うのは確定事項のようです。

・・・どう見ても高そうなんですが、大丈夫かなあ。

 

オシャレ空間素敵!と思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村