ガンダムファンの作る和風の家

いちガンダムファンの私が、クライムホームさんと外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。

エレガントなるバスルーム・その名はSPAGE

お風呂を決定するためのショールーム巡り。次はスパージュを見るためにLIXILへ向かいました。

f:id:J-CROW:20180328221433p:plain

LIXILショールームには何度か足を運んでいるんですが、ユニットバスをじっくり見たのは今回が初めてです。

 

スパージュは、LIXILの最高級ブランドだけあって、品格が違います。

一言でいうならエレガントです。

f:id:J-CROW:20180330225703j:plain

 

機能面でも豊富です。

 

そもそも私達がスパージュに惹かれた要因でもある肩湯『アクアフィール』

f:id:J-CROW:20180120203718j:plain

 

スパなんかでたまに見る打たせ湯なんかも再現できる、オーバーヘッドシャワーの『アクアタワー』

f:id:J-CROW:20180331221307p:plain

f:id:J-CROW:20180331221044j:plain

 

ベンチとカウンターを兼ねた『ベンチカウンター』

f:id:J-CROW:20180331221501p:plain

 

そして、テレビや音楽をお風呂で楽しめる『アクアシアター』

f:id:J-CROW:20180331221620p:plain

その機能は本当に必要なのかというものまで含めて、かなりの機能を搭載できます。

 

もっとも、我が家に欲しいのはあくまでもアクアフィールのみ。

少しでも減額するために、それ以外の機能は軒並みカットしました。

 

また、スパージュは高級ブランドだけあって壁パネルもなかなかおしゃれなものが揃っています。

そんな中、私が一目ぼれしたのがこの緑のアクセントパネル。

f:id:J-CROW:20180331222213p:plain

どことなく和の雰囲気を感じました。

もしスパージュにするなら、ぜひともこのパネルを使いたいです。

LIXILは大手だけあって、その場で浴槽・壁・床のデザインの組み合わせを模型で見せてくれるのでイメージがつかみやすいんですよね。

 

そんなわけで、機能は最小限に、デザインはそこそこにしてもらった見積もりを出してもらうことになりました。

 

どんなエレガントな金額で出てくるか、楽しみなような怖いような。

 

スパージュの性能多過ぎ!と思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村