ガンダムファンの作る和風の家

いちガンダムファンの私が、クライムホームさんと外断熱で和風の家を建てるまでの奮闘記です。

完成見学会に行こう!その4~ほどよく猫と暮らす家

久しぶりにクライムホームの完成見学会に行ってきました。

今回のテーマは『ほどよく猫と暮らす家』です。

f:id:J-CROW:20171223204354j:plain

※撮影禁止だったので、ボールの実家の猫の画像でお茶を濁しています。

 

家自体は完全に洋風だったんですが、営業Tさん&設計Kさんという、我が家と同じコンビの作った家だったので、どことなく我が家と似通った設計思想を感じました。

外壁がホワイトウォールだったせいもあるでしょうけど。

 

我が家が提案を受けていたけど諸所の事情で断念したキャットウォークが、実際に使われていたりもしましたね。

 

あと、これも我が家が検討はしたけど(主にコストの関係で)断念した、部屋ごとに色の違うドアとか。

f:id:J-CROW:20181202230841j:plain

※これはクライムホームの別のお宅の施工事例です。

 

一方で全く異なる点も多々ありましたけどね。

猫用の入り口とか我が家にはないですし。

我が家より導線考え抜いてる感じでしたし。

そして何より和室が!

こんな和室なんですよ。

f:id:J-CROW:20140404161211j:plain

※写真はクライムホームの展示場のものです。

 

周囲が板張りで真ん中だけ畳なんですよ。

純和風志向の我が家ではちょっと考えられない和室だなあと。

ちなみにこの和室が寝室らしいんですが、畳から布団がはみ出そう…

 

それと、初めて見たのが「忍者ドア」

f:id:J-CROW:20181203224221j:plain

※写真はイメージです。

 

これ、壁紙を貼ることができるドアなんです。

壁とドアに同じ壁紙を貼れば、存在感を限りなく0に近づけることができるという寸法ですね。

 

家の完成後に別の家の完成見学会に行くのも、建築前に行くのとはまた違った発見があって面白いです。

 

ただ、家が建った後だと「ああ、これいいな」と思っても時すでに遅しなので、後悔が増すだけになる危険もある諸刃の剣です。

充分注意してください。

 

ボールはキッチンのシンク脇に照明のスイッチが付いているのを見て

 

( ◎)ああ!ここに付けてればよかった!!

 

って悶絶してました。 

 

完成見学会は何度行っても勉強になるよねと思った方、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村